第4回トラバでボケましょう選手権講評【33の発明・2/3】(エントリーNo.12〜22)
講評【33の発明・1/3】(エントリーNo.1〜11)


----
【はみ出した発明・3】


「やった! 遂に完成した。
 この発明は人類の歴史を変える!」

「それは何ですか?」

「永久機関だよ」

「え、永久機関!? 人類の夢とまで言われるあの?」

「これを一口飲めば」

「え? 飲みものなんですか?」

「永遠にたち続けるわけだよ」

「なんだか私の知っている永久機関の概念とはちょっと違うような」

「奥さんも大喜びだよ」

「やっぱりそういう方面か」




 12・いつもの朝。
A3ファイル(4)★
 冒頭の卵を割り入れるシーンから壁紙の描写あたり。うっとりとため息が出るような端正で美しい文章です。この作者の創作モノを読むといつも、他の人には絶対書けないような、ドキっとするような一行が必ずあるんです。これで本当にただの一ブロガーなのか? S氏にはニヤリとしました。(やっぱりエス氏かエヌ氏でないとね。)さてこの作品の中心になる発明品は、実はこれまでのトラボケ史上でも最多出場選手だと思うんです。いかに人々に愛されているかがよくわかりますね。それだけに料理が難しい。この作者はあるアイデアを加え、そのことによって起こる情景を丁寧な筆致で描き出していきます。 長くはないと思います。むしろ上質の短編小説のような作品世界に仕上がっています。いいなあ、この登校風景。本当に。


 13・Dr.StrangeLove
MS.POKERFACE(3<1>)
 まずタイトルがうまいですよね。すごく読みたくなる。私がお題を「ついに完成したぞ」ではなく「ついに完成した」と表記したのは、実は「ついに完成したわ」のパターンも読みたかったからなのです。そのへんわかってらっしゃる(^^。そしてさすがうまいこと言いの女王。一行一行、すべて無駄なく笑いに繋げています。しかしいつから自虐オチが定番になったんでしょう? あ、ご自分のことではない? えー。


 14・あらよっと。
僕は君の太陽だ!(1)
 いきなり戻ってきていきなり自分ネタで乗り切りました。久々に見たけどこのキャラと語り口、そしてそのパワーが唯一無二の強力さであることを再認識させられました。というかこの発明、読んだ人みんなが食指を動かしたようですけど(^^。そして作者はほんと一瞬でまた姿をくらましてしまったのでした。誰か次に見かけたときにはしっかり捕獲しておいてください。


 15・
しんぞぉのおんな(3)★
 「気がかりな夢から目を覚ますと」・・・冒頭からツボを突いてきました。長いと言ってもたかがブログのポストに収まる文章量のはず。なのにこの読後の充実感といったらどうでしょう? 壮大な大河ロマンを満喫した感じ。里中満○子作のよりabsinth作のほうが数段おもしろかったです。蜜・・・いやもう。エロいこと書かなくても色気のある文章を書く人なのにもう。極上にエロかったです、ゴチソウサマ。作者は「ボケていない」と言っていますが鼻を枕でつぶしてしまったのでこうなりました、というのは十分なボケ、というかでかいホラというか(笑。ただ「この人物の鼻が低くなる」というのに発明の要素はまったくなかったのでした、よくよく考えれば。最初そこに気付かずにうっかり優勝候補にしちゃうとこでした。(え? そこがボケだった?)


 この作品の最大のボケは実にさりげなく冒頭に置かれていました。・・・お題変わってるやん(笑。お題に答えていないようで答えてるかも。それは我々人類の共通の夢だと思うのです。
>——ざっく、ざっく、ざっく。——ざっく、ざっく、ざっく。——ざっく、ざっく、ざっく。
という文字列がなぜか視覚的に私のツボにはまりました。妙におかしい。そしてなぜかコメント欄のみなさんのツッコミがうまい。図らずも読者とのすばらしいコラボ作品に仕上がってしまいました。


 17・『寝覚めの悪い日』
与太話びより。(3)
 人類の歴史を変えた過去の発明品に光を当てて語るアプローチは他に誰もやっていないのですがむしろ正統派だといえます。前作同様、お題そのものは姪から叔父への問答という形で取り入れられています。これはうまい。だってこれから先ずっとこのパターンで書き続けられるのはまちがいないから(笑。この物語は那子のほのかな恋心をベースに進みます。今回はすわ、二人の心が通じ合ったのか?と思いきや、やはりそう簡単にはいきませんでした。だってうまく行ってしまったら連載終了だもの(^^・それでも少しずつ進展していく二人の物語を読み続けたいと願うのは私だけではないはず。物語が語られる場として企画がある、という転倒はすでにおきてしまっているので、あとはとことん語り続けてください。


----
【はみ出した発明・4】


「やった! 遂に完成した。
 この発明は人類の歴史を変える!」

「またですか」

「ダイムマシン!」

「鼻づまりですか?」

「フランクリン・ルーズベルトの肖像を大量生産するマシン」

「そ、そんなもの誰が欲しがるんです?」

「肖像を裏返すとオークの枝と、オリーブの枝、そしてたいまつが」

「?」

「マシンを動かしてみよう」

----ちゃりん、ちゃりん、ちゃりん、

「・・・ダイム(10セント硬貨)ですか?」

「三つの窓の絵柄が揃えば、ほら無尽蔵に」

「・・・スロットマシンですよね?」

「大もうけだよー、きみぃ」

「偽金製造器じゃないですか」

「あ、止まった」

「故障ですか?」

「ダイム切れ。補充しなくちゃ」

「補充するんかい!」



 18・「弱いところ。」
Mein Tagebuch(1)
 うわ! エロで参加ですか? まんまとわくわくしてしまった自分が情けないですが、それくらいわしづかみにされる冒頭でした。最初の一行って大切ね♥ タイトルも心憎いです。スリッパの描写の下りとかやっぱりうまいなあ、と感心してしまいます。シンプルだけど綺麗なオチです。 身に覚えのある人なら誰でも深く頷いてしまうに違いないですね。


 19・「劇薬の効果のほどは」
ふぇいく。(2)
 前半の主人公の緊迫感がリアルでどんな恐ろしい結末になるかと思いきや。一瞬にして反転した世界の腰砕け具合が素晴らしいコントラストを醸し出しています。筆力衰えず、ですね。一読したときはただ素直に笑えたのですが、再読しておや、と思いました。
>ボクの長年の思いが、ついにかなったんだ!!!
 これは伏線? しかし主人公がなぜそれを望んだのか、それに対する説得力がないような気がしました。私は筆者よりもいじめに対する拒絶反応が強いのかもしれません。前半部、相手役の不良にもう少し間抜けで憎めないようなところがあったなら、と思ってしまいました。


 20・人類の未来を変える。
徒然ならぬ人生(1)★

 素晴らしいです。お姉さんたちを薄着姿にしたい、という卑小な願い。それに対してあまりにも大げさな発明。マッドサイエンティストかくあるべしと思いました。テンポのいい会話体がさすがです。大オチもばかばかしいほどスケールが大きくて好きです。そしてテンプレあとの二段オチ部分でさらにこれでもか、とスケールアップ。いいですねー。そうそうこうでなくちゃ(^^。その時限装置で有名なメーカー名もぜひ入れて欲しかったですね。


 21・発明王
羊のトライアングル(1)★
 主人公を博士にしたSFっぽい設定の作品は数多くあるのですが、ここまできちんとSFらしく仕上げてある作品はほかにありません。マニアックなこだわりを感じます。博士の語り口がまともで落ち着いているのが生きていますね。レトリックにも似たしかしもっともらしい彼の理論を聞いていくうちに、いったい何が起きるんだろう・・・と、引き込まれていくことはまちがいなし。お題に呼応して綺麗に決まったラストの一行が素晴らしい。今大会参加作品中もっともきちんとお題に答えてる作品であるとも言えます。再読すると更に精緻な伏線が点在していることに気付かされます。
 この作品に関してはテンプレあとの二段オチはないほうがむしろボケ度は高かった。そこだけが惜しいです。


 22・どれが一番強いの?
SOFIA_SS(2)★
 場面・状況の設定がいいですね。研究員のプレゼンか、はたまた一発明家の売り込みか。コンパクトでウマイです。主人公のキャラクター がまたよくできていますね、一人称が「自分」とか。モノローグだけでどんな人なのかが浮かび上がってくる感じ。ラストが鮮やかでした。こんな幕切れは私には絶対書けないです。冒頭の役員秘書の登場シーンもきちんと伏線になっていたんですね。読後にタイトルの意味が初めてわかるようになっているのも洒落ています。


第4回トラバでボケましょう選手権講評【33の発明・3/3】(エントリーNo.23〜32+番外1)
[PR]
# by midnight_egg | 2006-05-01 22:19 | トラバでボケましょう
第4回トラバでボケましょう選手権講評【33の発明・1/3】(エントリーNo.1〜11)
ガス台の横に開いた牛乳パックを洗って干しておいたらボーボー燃えていました。
リサイクルも命がけね。こんばんは、クレマムです。
みなさまこの一週間、たいへん長らくお待たせいたしました。
このたびは「第4回トラバでぼけましょう選手権」に
ご多数のご参加をいただきましてありがとうございました。

まずは講評いってみたいと思います。

ところで前回チャンプに「これはお願いなのですが。ご自分でお題を出しながら、参加者よりもすごい作品を出しちゃうのだけは、絶対に、絶対に、やめて下さいね!」とお願いされていました。当たり前じゃないですか。参加者よりすごい作品なんか書けるわけがありません。質で勝負できないので量で勝負だ! と33ネタを目標にがんばったのですが、もちろんあえなく挫折しました。6ネタしかできませんでした。講評の合間に挟み込んでみます。箸休め程度になってくれればよいのですが・・・。

講評ではできるだけ作品のネタバレをしないように努力したつもりですが、もし問題になりそうな記述がありましたら、どうかご遠慮なくお知らせくださいませ。

それでは講評スタート!

↓    ↓     ↓     ↓     ↓     ↓




 1・夢のような薬
ばれたら妻に殺されるBlog(2)
 まずは投稿時間に注目。お題発表からわずか47分しか経っていません。なのにこの完成度。お子さんがいつ生まれてきてもおかしくないという状況下、大慌てで書かれたとのことですが、それを知ってから読むと微妙に味わいが変わって二度美味しかった作品です。ご本人が「どうやら、俺は、こういうネタしかかけないみたいだ・・・orz」と言っておられますが、読者はまちがいなく「妻ネタ」を期待していると思います。むしろまったく違うフィールドの作品を出してきた場合、よっぽどの飛躍がないとブーイングにさらされる危険性高し(^^。ふだんからの妻ネタ(おもしろい!)があってその延長線上にこの作品があります。オチは一般論として普遍性のある内容なのですが、それでもブログ・スタイル故にそのおかしみもまた増幅されているのです。当社比120%くらいに。


 2・トラバでぼけましょう2006・第4回お題
ダーサの遊園地(魔猫)(4)
 「エロ縛りはありません」と明言したのに(^^。今回そこでがんばって損しちゃった人も少なくないかなー。個人的にはこの作者の天分は今回の作品とは違う地平にあると思います。(第三回参加作品は限りなく優勝に近かったのでは・・・?)メインキャラの会話をだるだるに展開させて、そこに作者が地の文でツッコミを入れていく、という構成には可能性を感じました。突き詰めていけば独自のスタイルとして確立できそう。肝心の装置ですが目的と機能がうまく合致していないのが気になります。借り物を使わなくても書けたんじゃないかな? エロに関して言えば教授&アカネちゃんコンビよりも、むしろ前回作品のほうにストイックな色気がありましたね、って思うんですけど。(必要以上に辛口ですみません。だって私ってばこの人のファンだからさー。私には恋文じゃなかったのね、って嫉妬です、これ^^)


 3・第4回トラバでボケましょう。
暇つぶしのうなぎご飯。(2)★
 びっくりしました。ある意味、ボケのスタイルとして画期的な発明だと思うのです。冒頭の文章は短いけれど、その実すごくよく練られていると感じました。これ以上くどくど述べることは無意味。未読の方は今すぐご覧ください(^^。


 ここまでの4作品がお題発表から2時間以内の投稿。この作品もそのスピードで書かれたとは思えない完成度の高さを誇っています。「発明」というと近未来的な感じがしますが、落語に着目して舞台を江戸に持ってきました。この発想のよさで作品の成功はすでに4割方は約束された感じ。山田源外先生はやっぱり平賀源内のもじりでしょうか、にやりとさせられます。歯切れもテンポ良く、トントン拍子に読み進み、ラスト「そっちかよ!」と読んだ人誰もがつっこんだと思います。ボケの王道を行くような作品ですね。・・・え? これがトラボケ初挑戦!? 自信を持ってこれからもずっと参加してくださいね。


 5・復活・・・。
雀ブロ。(1)
 まあそういう道具があったとして、最初の実験に「スパ王」て。この腰砕け具合が最高。パチもんの中からすごいものが生まれているのに、さらりとスルーしていくテンポのいい語り口、いきなりの彼の復活、そもそもが彼をもとにしたダジャレだったのかー、という意外性。彼の復活を喜ぶ声はほうぼうから聞かれましたが、(もちろん私自身その一人なのですが)シリーズキャラクターは諸刃の剣ですよね。彼を知らない人が一読してどこまで楽しめるのか。そういう意味では知らない人でもどかんどかんと笑わせてしまうパワーがあると思います。


 6・人類の夢の先
クリプトンの騎士(1)
 このお題を考えたときに私がぼんやりと期待していたイメージに一番近い作品かもしれません。すごく星新一的というか、ショートショートのお手本のような仕上がりです。これだけの内容をこんなにコンパクトかつ端的に表現してしまう技はタダモノではありません。一見、平易に見える文章ですがテクニカルかつスマート。オチの主張に余り目新しさが感じられないところがやや弱いのですが、その分普遍性は高く多くの読者が文句なしに楽しめる作品になっています。


----
【はみ出した発明・1】


「やった! 遂に完成した。
 この発明は人類の歴史を変える!」

「それは何ですか?」

「形状記憶ムース。これで寝グセ直しも一発、思いのまま」

「お、売れそうですね」

「どんなに髪型が崩れようとも一度濡らして乾かせば、ほら元通り」

「それって・・・パーマですよね?」

「既存のパーマはいずれとれてくるが、この発明は永久に同じ髪型を保つのだ」

「・・・流行に左右されない方ならではの発明ですよね。
 でも髪が伸びれば形は崩れるでしょう?」

「いや、もちろん髪の発育も止めて、まったく同じ形状を保つようにしてある」

「わ! 無意味。というかむしろマイナスな特性」

「これで私も億万長者だ!」

「いや絶対ムリ」

「なぜ、言い切る」

「臨床実験はすんでいるのですか?」

「もちろん! 私の頭が臨床第一号だ」

「・・・永久リーゼントか・・・」





 7・【駄文でも】第4回トラバでボケましょうお題発表【参加だ!】
のーSWEAT 【ぽんぽんクロニクル】(2)
 >そして無いという現実に絶望や憤りを覚えたことでしょう。
こういう一文にむちゃくちゃセンスを感じますね。「どこまでもドア」もいいですよね。大オチがまた果てしなくばかばかしくて素晴らしい。こういうの大好きです。この作者にはちょっと突き抜けたところがあってそれがすごく強み。前回参加作品に見られた突き抜けたシモネタ感覚があんまり披露されていないのがやや残念(^^、個人的に。


 8・ドリーム・タグ
La torre。(食い物ブログ化中)(4)
 「お願いタグでお願い事をはさんじゃおう」。この発想だけでもう満点ですよね。以前「たてまえを本音タグではさんじゃおう」というネタを見たことがあって、私がもしそれを知らなかったらこのタグのアイデアだけで優勝にしていたかもしれません。さて、まさにドリーム! のなんでもできるすごい発明なのですが、こういう発明をいかにくだらないことに使うかがボケラーの腕の見せ所といえるでしょう。この命題に本当にばかばかしい答えを与えていてお見事! この落としどころの微妙なセレクトはこの作者にしかできない技です。


 9・発明品?
Lunatic tRip(3)
 目の付け所のみで勝負した作品です。確かにそうですね、これは発明以外の何ものでもありません。こんな概念を発明したスタッフは本当にすごいと思うのです。でも発明して欲しくなかった・・・そんな声も聞こえてきそうです(^^。豊富なダジャレが舞い踊る見出し群はボケラー必見。そしてリンク先で、ハデ色スナイパー・ビキニ・トップスに一瞬心奪われた自分が痛いorz。何かの罠ですか?(笑。原典が凄すぎて、それを引用した作品のほうの印象が薄くなってしまった感は否めません。これはこれでおもしろいのですが、いろいろ書ける作者だけにもっといろいろ読みたかったかなー?


 10・研究ノートの秘密
ぢぇみにのBlog[Evolution III] (4)
 ミステリの要素としてもっとも大切なのは何か? それは魅力的な謎の提示なのではないか? そんなことをぐるぐる考えさせられてしまいました。しかしうまいなあ。タイトルもいいし、巧みな文章でぐいぐい引き込まれてしまいます。この作者だけにいやが上にも高まる期待感。そして世紀の肩すかし(笑。オチそのものよりもそこが最大のボケ所なのです。というか、よく考えてみたらお題にも答えていないのです。それにあやうく気付かないところでした。あぶない、あぶない。さすがテクニシャン(^^。


 11・
宇宙のどこかの片隅で。(3)
 私はこの人の作品相当好きなんです。前作を読んで、今回は参加してきたらそれだけもう優勝候補になってしまうかと恐れていたくらいなのですが、そうはなりませんでした。このあたりがトラボケの難しいところです。今回も冒頭から弟の脇道あたりまではこの作者の独特の語り口が如何なく発揮されていて大いに笑わせていただきました。後半の証言と回想シーンが交錯する部分も計算し尽くされた実に見事な構成なのですが、惜しむらくはオチ。こういう発明をこう使用するということに関してあまり意外性はないという気がしました。



----
【はみ出した発明・2】


「やった! 遂に完成した。
 この発明は人類の歴史を変える!」

「今度は何ですか?」

「キミは千里の道も一歩からという言葉を知っているよね?」

「はい、知っていますがそれが?」

「私はこの言葉にヒントを得て画期的な万歩計を発明したのだ!」

「というとまさか」

「さて私がこう一歩踏み出すだろう? すると見てご覧」

「あ、表示が1000歩に!?」

「そうだ、1000歩歩いたことになるのだ」

「すごいじゃないですか!」

「そうかね、えっへん」

「1歩で1000歩の運動量。
 ダイエット業界に大旋風を巻き起こすことまちがいなしですね」

「? なんでだね?」

「なんで、って決まってるじゃないですか。
 1歩なら1000歩、10歩なら10000歩、100歩なら100000歩、歩いたことになるのでしょう!?
 ダイエットどころかスポーツ・トレーニング方面での需要も見込めるかもしれません」

「ばかかね、キミは」

「は?」

「1歩で1000歩分の運動量なんてそんな荒唐無稽な。
 この万歩計は1歩歩けば1000歩と表示されるだけなのだよ」

「え? ただのインチキじゃないですか。
 そんなものがいったい何の役に立つんです?」

「だって私、奥さんに毎日万歩計チェックされてるんだよ〜」

「・・・!
 そんなくだらないものをわざわざ物々しく持ってこないでくださいよっっっ!!!」


講評【33の発明・2/3】(エントリーNo.12〜22)
[PR]
# by midnight_egg | 2006-05-01 22:05 | トラバでボケましょう
ごめんなさい
nanoを取り出したらなんかいきなり動作チェックテスト画面になっててびっくりしたクレマムです。パターン・テストで画面が真っ赤になったときにはマジびびりました。
さて、みなさまをお待たせしております例のアレなんですが、月曜「今週末までに」とか書いたっけかなー? あははー。(夕焼けに向かって走りながら)
・・・えーと。講評ですが八割方は終わってます。今日はでかけるのでその前に仕上げようと思ったけど間に合わずに今、日比谷野音に向かっている、なんてこと決してありませんから! それがMOONRIDERSの30周年記念ライブのためだなんてことありませんから! 20周年のアニバーサリー・ペンダントとキャップを引っ張りだしてくるほどうかれてる、なんてことありませんから! もうまもなく開演でわくわくがふりきれそうだ、なんてこと本当にありませんから!

えー・・・というわけでごめんなさい、帰ったら必ず続き書きますので〜。
すみません、もうしばしお待ちくださいませm(__)m
[PR]
# by midnight_egg | 2006-04-30 16:12 | つぶやきを携帯する
第4回・トラバでぼけましょう参加作品一覧(受付終了)
みなさま、多数のご参加をありがとうございました。
以下32作品の参加を受け付けました。
審査発表はなんとか今週末までに・・・がんばります(汗


1・夢のような薬 ばれたら妻に殺されるBlog(2)

2・トラバでぼけましょう2006・第4回お題 ダーサの遊園地(魔猫)(4)

3・第4回トラバでボケましょう。 暇つぶしのうなぎご飯。(2)

4・初トラボケ参加作品    (み、見ないで・・・) 移動動物園(1)

5・復活・・・。 雀ブロ。(1)

6・人類の夢の先 クリプトンの騎士(1)

7・【駄文でも】第4回トラバでボケましょうお題発表【参加だ!】 のーSWEAT 【ぽんぽんクロニクル】(2)

8・ドリーム・タグ La torre。(食い物ブログ化中)(4)

9・発明品? Lunatic tRip(3)

10・研究ノートの秘密 ぢぇみにのBlog[Evolution III] (4)

11・ 宇宙のどこかの片隅で。(3)

12・いつもの朝。 A3ファイル(4)

13・Dr.StrangeLove MS.POKERFACE(3<1>)

14・あらよっと。 僕は君の太陽だ!(1)

15・ しんぞぉのおんな(3)

16・第4回トラバでボケましょう 我笑(2)

17・『寝覚めの悪い日』 与太話びより。(3)

18・「弱いところ。」 Mein Tagebuch(1)

19・「劇薬の効果のほどは」 ふぇいく。(2)

20・人類の未来を変える。 徒然ならぬ人生(1)

21・発明王 羊のトライアングル(1)

22・どれが一番強いの? SOFIA_SS(2)

23・「カミデロン伝説」 Everything in Life is Only for Now(4)

24・第4回TBでボケましょう2006 放浪猫の遊び場(2)

25・とりあげた赤子は今日で3万人 ビバ♪サンバ♪サンバ♪ およねさんは産婆♪ カツオくんは永遠の小学生。(4)

26・素晴らしい授業 Life is Statistic(3)

27・The DAIHATSUMEI  エレガントかつ怠惰に生きる(2)

28・明朗な分度器 「しあわせな日々」より(2)

29・終焉 オアフ党(2<1>)

30・第4回トラボケ正式参加作品 赤い口紅 High&Dry(4)

31・ただいま 神様 公募中(の予告) 北の夢想科学小説(3)

32・第4回トラバでボケましょう スナバあそび(2)

<審査対象外>
XX・第4回トラボケ参加作品 あい、まい、みー、まいん High&Dry(4)

()内は「トラバでぼけましょう2006」参加回数・<>は開催地
[PR]
# by midnight_egg | 2006-04-24 22:12 | トラバでボケましょう
第4回トラバでボケましょうお題発表
(24日・22:00までTOP固定)


ローライズのカーゴ・パンツ、ファスナーを上げたら
おなかの肉が挟まりました。イテテッ。

おっと・・・あり得ない。
いつまでも若く美しい私にこのエピソードは似合いませんでした。
却下、却下。
仕切り直し。仕切り直し。

最近コンタクトをワンデー・アキビューに替えたのですが、
毎晩はずして捨てるたびにもったいないという気持ちが捨て切れません。
というか何回捨てても一向に慣れる気配がありません。
もったいないの権威、クレマムです。

あ、美しい私のエピソードなぞどうでもよかったですね。
というか別に美しさには無関係な前置きでしたね。・・・まあいい。

さあ、待ちに待ったトラボケ選手権のお時間がやって参りましたよ。
ボッケリータ! ボッケリーノ!
準備はよろしくて?

お題発表!

(♪ドンドコドンドコ♪)





トラバでぼけましょう2006・第4回お題

「やった! 遂に完成した。
 この発明は人類の歴史を変える!」

・・・え? どんなふうに?



参加締め切りは
33TBつくか、48時間後の4/24、22:00まで

(前回のTB制限数が32だったので今回は33にしてみました。<負けず嫌いなので。)

それでは、はい! (出席してる?)


ボッケロ! ボッケロ!(©猛風)



■□■□■□■【トラバでボケましょうテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 お題の記事に対してトラックバックしてボケて下さい。
 審査は1つのお題に対し33トラバつく、もしくはお題投稿から48時間後に
 お題を出した人が独断で判断しチャンピオン(大賞)を決めます。
 チャンピオンになった人は発表の記事にトラバして次のお題を投稿します。
 1つのお題に対しては1人1トラバ(1ネタ)、
 同一人物が複数のブログで1つのお題に同時参加するのは不可とします。

 企画終了条件は
 全10回終了後、もしくは企画者が終了宣言をした時です。

 参加条件は特にないのでじゃんじゃんトラバをしてボケまくって下さい。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[PR]
# by midnight_egg | 2006-04-24 22:00 | トラバでボケましょう
第4回TBボケ選手権にあたって知っておいてほしい2、3の事柄
昨日の夜布団の中で寝入りばなに素晴らしいお題を思いつきました。
そして今朝起きたらすっぱりと忘れていました。
メモの大切さを痛感しております。クレマムです。

さて第4回トラバでボケましょう選手権開催に
あたっていくつかお知らせしておくことがあります。
みなさまメモのご用意はよろしいでしょうか?

■■■開催日程■■■
お題発表は4月22日(土)22:00頃を予定しています。
TB〆切はお題発表より48時間後、あるいはTB数が制限数に達するまで。
TB制限数はお題と同時に発表します。

■■■ポイント制なんかナイよ!■■■
妖怪が出てくるとポイントがつくとか、回文が入ってると高ポイント、とかエロPがもっとも高得点とかそういう噂がちらっと出ましたが、まったくの冗談ですよ〜。ポイント制はキッパリとありません。審査基準はシンプルに。たぶん私がもっとも好きだ、と思った作品。それが優勝すると思います。当たり前なのですが。

■■■それではエロで秘孔は突けるのか?■■■
しかしクレマムさんがちょいエロ好きだったりするのは周知なわけで、そこをピンポイントで狙い打ち♪とかすると果たして有利なのかどうか? これを考察してみたいと思います。 別に私は官能小説が好きというわけではないんですよね。ただエロければいいかというとそうではなくて、エロ笑えたり、エロシュールだったり、エロスラップスティックだったり、エロ突き抜けていたり、エロかっこよかったり、エロ馬鹿げていたり、エロ虚を突かれたり、エロスマートだったり、エロびっくりしたりするようなのが好きだったりします。でもよく考えたらただ笑えたり、シュールだったり、スラップスティックだったり、突き抜けていたり、かっこよかったり、馬鹿げていたり、虚を突かれたり、スマートだったり、びっくりしたりするようなのも好きなので、別にエロ風味はあってもなくてもよいのです。文章に色気があるのは好きだけど、そういうのって天分であって一朝一夕にどうとなるものでもないかなー? ちなみに私の今までの作品にエロ・タグをつけてみましたので是非お読みください。参考、には別にならないと思いますが。ただ単にあなたに読んでほしいだけなの♥

■■■審査基準■■■
シュールなものやスラップスティックなものが好きです。一方でリリカルなものなんかにも弱かったり、テクニカルなものにメロメロになったりもします。ミステリやホラーも好きです。もちろんエロも。が、やはり最後に制するのはやはり笑えるモノだと思います。参考までにこれまでの私のTBボケ作品をまとめてみました(こちらは )。でも結局参考にはならないと思います。私が選ぶとしたら自分に似た傾向のモノよりも、自分には絶対に書けないであろうものに惹かれることはまちがいないでしょうから。ということは書いた人がもっとも書いた人の本領を発揮している作品、そういうのは強いんじゃないかと予想できます。じゃあ、なんでリンク貼ってんだよ! といえばただ単にあなたに読んでほしいだけなの♥

ちなみに何か本当にヒントがあるとしたらここだと思います。この記事の冒頭にある膨大なリンク先にはきっと何かがある、ような気もする(^^。

■■■蛇足ですが縛りについて■■■
私ってこれまでの参加作品に全部コメつけてると思うんですよね、たぶん。さて、そのコメの中で「これシリーズ化してほしいです〜」とか「もう毎回このパターンでいっちゃってください!」とかそういう無責任な発言していることが本当にしょっちゅうあるのですが、それらは本当にただの無責任発言ですので書かれたことのある方、あんまり深く気にしないでください。ごめんなさい。

■■■補足ですが携帯さんに朗報■■■
携帯からしか投稿ができそうにない、というあなたに朗報です。記事投稿の後、お題発表ポストのコメント欄にオープン・コメでお知らせいただければTB時間内・TB数制限内のものは受け付けます。(もし後でPCでログインできたらそのときにTBしておいてね。受付時刻・順はコメントの入った時刻にさせていただきますので)

長くなりましたが、連絡事項はいじょ。

22日(明日)の夜には僕とボケラッタ!

全員出席!

[PR]
# by midnight_egg | 2006-04-21 07:21 | トラバでボケましょう