アナグラム・リレー企画=第一回ぷち清水賞開催!
近頃は円相場も両肩にかかってしまっているクレマムです。
おちおちと更新もままならない日々よ、みなさん、こんにちは。

その晩もオフ会で大統領との懇談で忙しい私でした。
そんな折、不意打ちでこのような指令が下ったのです。
翌朝に別件の締切を抱えていた私は不覚にも最後の謎を解くことができませんでした。
しかしある男の鶴の一声により救世主が現れたのです!

なるほど。

私の解き残した謎、
その人物はいったい誰なのか…。
奇才/石尾鰊の活躍により
その答えは得られました。

(必読)

紀子様男児出産の折に街頭で
ふつうにコメントを求められてしまったというあの人だというのですね。


うーむ。
しかしここでまたひとつ新たな謎が生じてしまいました。

彼は「何やら軽はずみなことをして」逮捕されたというのです。
その「軽はずみなこと」とは何なのか?

これまた難題です。

「軽はずみなことをする」

早速これをアナグラムしてみましょう。


 かるはずみなことをする
 るすこなとみずをはかる



答えが出ました。


「留守、粉と水を計る」



…粉!?





…粉とはあやしい言葉ですね。
犯罪のにおいがプンプンします。

たぶん真相は…






















誰かの留守中に高カロリーであま〜いケーキを作った、ということでしょう。
誰かとはきっと奥さんでしょうね。(奥さんいるの?)
きっと彼は奥さんの指導のもとダイエット中で、
その監視の目を盗んで禁断の果実を手にした…。


しかし、だからと言ってなぜそれで官憲のお世話にならなければいけないのか。
彼の体重の増減が国家の何かを揺るがす危険な要素をはらんでいる、とでも?


…というか、そもそも
本当にこの人が謎の人物の正体なの!?





----
そうだという方、いや違うという方、
どんどんトラバして
Let's アナグラム!


■□■□■□■【アナグラム・リレー企画=第一回ぷち清水賞テンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 リレー式トラバ企画です。
 前の参加者の記事の中から任意の一文を選び、それをアナグラムしてください。
 アナグラムで得られた一文をもとに

 「「脱獄不可能」と呼ばれる警戒厳重な刑務所。
  その牢獄に長年繋がれている謎の人物の正体とは!?」

 という謎に迫ってください。
 記事はひとつ前の参加者の記事にトラバしてください。
 分岐は不可とします。万一、二つトラバが重なった場合は先にトラバされた記事のほうを優先してリレーしていきます。
 (もう一方の記事からリレーを続けることはしませんが、その記事自体は参加とみなします。)

 参加条件は特にありません。
 同一人物がひとつもしくは複数のブログで何度参加しても可とします。
 ただし、自分自身が書いたものをリレーするのは別ブログからでも不可とします。

 企画終了条件は
 記事が20リレーするか、もしくは企画者が終了宣言をした時です。

 審査は特にありません。
 企画元が気に入った作品はまとめ記事で大々的に讃えます。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 やみくもバナナメロン http://nightegg.exblog.jp/
 企画協力 オアフ党 http://ishio.exblog.jp/
 お題原案 ぢぇみにのBlog[Evolution III] http://jemini.exblog.jp/4742069
 たぶん総元締 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[PR]
# by midnight_egg | 2006-11-30 17:02 | 祭りだ祭りだ
君の名は?
ぢぇみにのBlog[Evolution III]で開催中の
■◇■ 第10回 トラバでボケましょう 開催! ■◇■に参加。



『お題』

「脱獄不可能」と呼ばれる警戒厳重な刑務所。
その牢獄に長年繋がれている謎の人物の正体とは!?




「うーん、なるほど。難題だね。
まず手始めに『脱獄不可能』
これをアナグラムにしてみよう
だつごくふかのう」

「なんでやねん」

「話を先に進めるためだよ。
 
 だつごくふかのう
 ごくふつうのかだ

 
つまり『ごく普通の方』だと」

「…なるほど
 それでその普通の方がどうしました?」

「次に『警戒厳重』
 これをアナグラムしてみる

 けいかいげんじゅう
 ゆうかいけいけんじ


なるほど『誘拐経験児』
つらい過去があるのか」

「む…過去の犯罪が次なる犯罪を生む?
 一応犯罪者らしくなってきた」

「次は『長年繋がれている』いっちゃうよ

 ながねんつながれている
 なつがねんながれている


『夏 可燃 流れている』」

「意味がわからん、意味がわからん」

「たぶん、なぜか夏場を狙う放火魔ってことじゃないかな?」

「無理ある、無理ある」

「最後に『謎の人物』

 なぞのじんぶつ
 そふのなんじつ


『祖父の軟質』」

「なんじゃそりゃ〜!」

「アレだよ、アレ。
 これもたぶんこの人物のトラウマと関係が」

「トラウマとかプロファイルはもういいよ。
 …んで、結局? 誰なの?」

「お? おやおやもう7:59?
 はい、時間切れー!
 残念でした、今日はここまで」

「つーか、あんた
 なんでこんなとこに繋がれてるの?
 ねえ、あんた、いったい何者?
 ねえ、ねえ?」



ガシャン!
 

面会時間は終了しました 


てんぷれ
[PR]
# by midnight_egg | 2006-11-27 08:00 | トラバでボケましょう
06・あの時私は若かった
03・びっくりした話より3マスすすむ

【06・あの時私は若かった】

あの時私は若かった。
何の苦労もなくやすやすと光合成することができた。

眉間に皺を寄せることなく箱の中身を当てられたし、
箱の中にきっちりと一週間収まっているのだってラクラクだった。
あなたがバン、と手を打ち鳴らせば軽々と膨張し、
風がなくったって自在にパラパラめくれたものだ。

蒸留したりされたり、いつだってたががはずれた酒樽みたいに
じゃれ合っていたっけ、私たち。
パイル地の繊維の輪をひとつひとつ
おろし金の歯にひとつひとつ
執拗に引っかけていくような恋だった。
一気に引っ張り上げてすべてのわっかを引きちぎってしまうような
そんなふたりだった。


いま 年老いて私に出来ることといったら
小指の指紋をくるくるとほどいてあなたを
蜘蛛のようにがんじらがらめに捉えることだけ。

いま 年老いたあなたにできることといったら
氷点下よりも低く視線を凍らせ
私の眉間を貫くことだけ。


もう一度 やすやすと太腿にあざを作ってみる。
もう一度 ここをほじくってアルミのたねを植えてもいいね。

tmp
[PR]
# by midnight_egg | 2006-10-12 11:24 | 散文
03・びっくりした話
【ブログすごろく】新企画のおかげですより3マスすすむ。

【03・びっくりした話】

そりゃもう、びっくりした。
なんだか鉄臭いような気がしたのだ。
それで書斎のドアを開けた途端
むっとするようなにおいが押し寄せてきて
あたしの目をしばしばさせた。

またたきをひとつして書斎の中を見てみると
お部屋の真ん中にご主人様がうつぶせで倒れておられた。
床に赤黒い大きなしみができている。その真ん中に横たわってらっしゃる。
喉の奥に何か詰め込まれたようで気分が悪く、息が苦しい、
こめかみがきゅーっと熱くなって眼球が膨らんでいくような気がした。
目の奥に赤と青の光が明滅してこれはいけない、と思ったそのとき
何の拍子かひゅっと 空気が入ってきて今度はあたし、激しく咳き込んだ。
息を整えるともちろんあたしは叫ぼうとしたのだけど声がかすれて出ない。
どうにかこうにか途中から声を振り絞る。
「・・・・ぃぃやあああああああああああ!!!!!!!!!!」

あたしの悲鳴を聞きつけて執事のセバスチャンが飛んできた。
執事のセバスチャンはペロペロとアタシの顔をなめた。
執事のセバスチャンはもちろん犬だ。盛んにしっぽを振っている。(「執事の」は彼の苗字)
執事のセバスチャンになめられるうち次第にあたしは落ち着きを取り戻していった。
しきりに鼻先をあたしの股間に押し込んでくる執事のセバスチャンを押しのけて
ようやくあたしは書斎に足を一歩踏み入れたのだった。

ご主人様は昨日の夕餉のしめさばよりも完全に事切れておられた。
ご主人様の頬にそっと触れたあたしは、その予想外の冷たさに「ひっ」と声をあげた。
あたしを殊の外かわいがってくださったご主人様には本当に申し訳ないのだけど
再び触れてみる勇気はもう二度と湧いてこなかった。
まちがいはなかった。ご主人様は疑いようもなくお亡くなりになられていた。

目をしばたかせながら顔をあげたあたしはまたもやびっくりした。
書斎のデスクの向こう、白い壁いっぱいに血糊で書かれた何か・・・。
ダ、ダイイング・メッセージ?

More
[PR]
# by midnight_egg | 2006-10-03 22:44 | 散文
【ブログすごろく】新企画のおかげです
新企画「第1回ブログすごろく」

この新企画のおかげで一家離散を免れ、夫は昇進、私はバストが3cmアップ、ウエストは9cmもダウン、おまけに身長が3mも伸びたんです。息子の容量は12ガロンアップ、娘の気圧は0.8ヘクトパスカル上昇、さらに気流に乗って瞳はエリーゼのように蒼くなりました。何もかも新企画さまのおかげと、毎日榊を欠かさないように神棚に祭っています。尚、これをお読みのみなさまは金運アップについて詳細をお知らせいただければ幸いです。GO!

■□■□■□■□■【ブログすごろくテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 投稿した記事のURLの下一桁をサイコロの目として進めていきます。
 前回の記事にTBして進めて行って下さい。
 100マスのすごろく盤を何日でクリア出来るか?!

 企画終了条件は
 100マスクリア出来るか、自分自身でドロップアウトした時です。
 詳しい企画内容や参加表明はこちらの記事から
 http://earll73.exblog.jp/4415044
 随時参加OKです。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

3マスすすむ
[PR]
# by midnight_egg | 2006-10-02 11:27 | 散文
手をつなぎ天井向いて眠りましょう 夢の中でも会えるでしょうか
あたしユウくんに会えて幸せ
あたしなんとユウくんと結婚できちゃってもう考えられないくらい幸せ
結婚したからこれでもういつだってずっとずっと死ぬまでユウくんといっしょにいられる
ユウくんスキ、スキっていくら抱きついても抱きつき足りない
うんとうんとそばにいるのにもっともっとユウくんのそばにいたい
これ以上どうすればいいのかわからないけどもっとユウくん、ユウくん

サコと会えたキセキをぼくはキセキだと思っていて
サコは今やぼくの奥さんでそんなキセキは
誰に感謝していいかわかんなくなるくらいの[僕宇宙]随一のキセキだと思っていて
もういつだってそばにいるのにもっともっとそばにいたくて
サコの耳たぶをスキだよ、スキだよっていくら噛んでもそれでも足りなくて
スキダヨってスキダヨっていくら乳首を噛んでもそれでも足りなくて
どうやったらもっともっとぼくたちひとつになれるんだろう

ユウくんがトイレに行っちゃっただけで不安になるの
ユウくんを見てユウくんの手、ユウくんの声、ユウくんのにおい、ユウくんの気配
感じていないときどんなに一瞬でも不安で不安で
ユウくんは本当にいたんだろうか
ユウくんなんて人はあたしのただの妄想とかで
この椅子もじゅうたんも蛍光灯も換気扇も冷蔵庫もみんなみんな
あたしの妄想であたしは一人で世界の底で
たった一人でこの世界ぜんぶを妄想しているような床が抜けて
どこまでも落ちていくみたいで気分が悪い
どうしてこんなにユウくんがスキになっちゃったんだろう
ユウくんに出会う前には一人が怖いなんて知らずにいたのに
あたしはユウくんが目の前にいてさえユウくん欠乏症なのに
ああ、でもこの・枕・はユウくんのにおいだ

サコと離れて一人で電車に乗って一人で会社に行って一人で仕事するとか
もう考えらんない、から、もう考えらんないから
ぼくたちは二人でもうずっとここでこうして暮らすんだよね
こうやって二人でずっと抱き合っているのになんでぼくたちずっと
こんなにどこまでいってもまるで平行線のレールみたいに、サコ
どうしたら

100万回のキス、ユウくんの体温があたしを覆っているのに
あたしの肌はユウくんを通さない
こんなにもきつく抱き合ってこんなにも深くユウくんはあたしの中にいるのに
でもユウくんが離れてしまう、ユウくんと溶け合いそうな一瞬、があって
ユウくん、ああ、溶け合いたいのに

ぼくたちの体温は釣り合っていて、もうこれ以上ふたつではいられない
そうだろう?


そして

あたしの中で





ユウくんが溶けた









ああ、とうとう二人の肌が溶け合って
溶け合って混ざる

マグマのように



ユウくんが・サコが流れこんでくる
あた/ぼ/しの/く/の中に流れ込んでとうとう溶け合えた/の/んだ/

とうとう溶け合ってしまった/の/んだ/


ここにユウくんがいて
どこまでもあたしの中にユウくんがいて

ここにサコがいて
ありえないくらいわかちがたくサコがいて


そしてあたしはもう二度とユウくんのにおいをかげない

ぼくがもう二度とサコを抱きしめることはない




ぼく/あたし/たちは/どこまでも/いつまでも/いっしょ/だ/ね/




孤独をおそれていた二人はお互いに

もう二度とひとりぼっちになることはなく、

そしてどこまでも果てしなく





























一人になった。



------
「第9回トラバでボケましょう」開催します。に参加。

お題「ごく普通の二人は、ごく普通に出会い、ごく普通に恋に落ち、ごく普通にカップルになりました。でも唯一つだけ普通でなかったのは・・・。」

答「二人で一人だったのです。」

■□■□■□■【トラバでボケましょうテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 お題の記事に対してトラックバックしてボケて下さい。
 審査は1つのお題に対し30トラバつく、もしくはお題投稿から48時間後に
 お題を出した人が独断で判断しチャンピオン(大賞)を決めます。
 チャンピオンになった人は発表の記事にトラバして次のお題を投稿します。
 1つのお題に対しては1人1トラバ(1ネタ)、
 同一人物が複数のブログで1つのお題に同時参加するのは不可とします。

 企画終了条件は
 全10回終了後、もしくは企画者が終了宣言をした時です。

 参加条件は特にないのでじゃんじゃんトラバをしてボケまくって下さい。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[PR]
# by midnight_egg | 2006-08-20 19:45 | トラバでボケましょう