教える! チョコレート工場の秘密
教えて!チョコレート工場の秘密!

もうみんなもご存じだろうけど毎日くんが
映画化で話題沸騰中の「チョコレート工場の秘密」のヒミツを知りたがってるよ。
だからコッソリ教えてあげる。
ネタバレもあるから気をつけてね。



(あらすじだよ)

------------

チャーリーの手の中には一枚のカードがあった。
ある日食べたパックリマン・チョコレートに入っていたあたりカード。
それはなんとウォンカ・チョコレートの月工場見学許可証だった。

月への切符。
食べ放題のチョコレート!
最新鋭のロケットに月面着陸記念館の見学・・・。
それに食べ放題のチョコレート!
少年の夢と希望がギュッっと凝縮されて詰まった一枚。
有効期限は一ヶ月。



「いけません」



ママの返事はすげなかった。



「だって勉強だってあるし、チャーリー、もうすぐサッカーの試合だってあるでしょう?
 そりゃ、今度も試合に出してもらえるかどうかはわからないけど
 それでもちゃんと練習して試合にも行くの。そういうことが大切なのよ。
 チャーリー、ママの言ってることわかるわよね?
 それにまさか。子ども一人で月旅行だなんてとんでもないわよ、ねえチャーリー。
 そりゃ、誰か一緒に行ければいいわよ?
 でもね、そんな月までのチケットなんてウチじゃとても買えやしないのは
 チャーリーにだってわかってるでしょう?
 そりゃ、一人分くらいならなんとかなるかもしれないけど
 でもパパだってお仕事があるし、妹のジェニーを一人置いて
 ママだけがついて行く、ってわけには行かないでしょう?
 有効期限が一ヶ月だけのそれも一人分だけの切符なんて
 はずれたのと変わりないのよ。
 最初っから当たらなかったと思ってあきらめてほしいの。
 わかってくれるわよね、ねえチャーリー」


すげないどころじゃなかった。



そう、このときチャーリーは結局月には行けなかったんだ。
チョコレート工場にも、もちろん。
 


チャーリー老人は今一度、その手の中のカードを見つめた。
少年に、はじめて人生への失望と挫折を教えてくれたカード。

彼はその長い人生の中で、何度こうしてこのカードを見つめてきたかわからない。
そしてそのたびにこう思ってきた。

「もう二度とあきらめたりはしない」

そう、彼は何かに行き詰まったり絶望しそうになるたびに
このカードを見つめ、あのときの悔しさをバネにして
幾度となく苦境を乗り越えてきたのだった。


チャーリー老人は窓の外を眺めた。
中空にぽっかりと浮かぶ青い地球を。

そしてこの月面を覆い尽くす彼の王国に思いを馳せた。
地球上はもちろん、今や銀河系でも一番のシェアを誇るチョコレートを
日々生産し続ける彼の王国に。


これは一代で銀河のチョコレート王とまで呼ばれるようになった
一人の男の立身出世の回想録なのである。


■□■□■【教えて!チョコ工場の秘密!】■□■□■
【ルール】
 『チョコレート工場の秘密』のあらすじを教えて下さい。
 読んでないのに読んだ風に適当に物語を作って、
 嘘のあらすじを教えるのだけはやめてください。
 純粋な人間なのでTBされたら絶対に信じてしまいます。
 それから、レビューコンテストには秘密でお願いします。
 締め切りは2005年10月10日まで。

 ※たくさんの人が教えてくれるように
  文末にこのテンプレをコピペお願いします。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[PR]
by midnight_egg | 2005-10-10 02:30


<< 僕とマグロとマグロと僕と おえかきファイナルにこの期に及... >>